サックスの練習場所はどこが良い?車や公園、カラオケなどがオススメ?

サックスの練習場所
サックスは音が大きいですから、練習場所はどこが良いのか?皆さん苦労しています。
自宅で練習するのは近所迷惑になるので厳しいですよね。
夜中や早朝は吹かないなど常識的な時間で練習するのであれば、近所の方の理解は得られることもあります。
しかし、一番身近な家族からクレームが出ることもあるのです。



せっかくサックスを始めたのに練習場所が確保できないなんて辛いですよね。
このページではサックスの練習場所とメリットデメリットなどを紹介します。

サックスの練習場所で最適なのはカラオケ?防音設備があって安心!

カラオケボックス
カラオケボックスは、最も身近な練習場所です。
以前は、楽器(特に音の大きいサックス)の練習はNGのカラオケボックスもありました。
しかし、カラオケ店の売り上げも横ばい(あるいは減少)している現在において、「お客さん」を逃がすわけにはいかないのです。


ですから、大抵のカラオケ店でOKとなっています。
すべてのカラオケ店でOKではありませんので、事前の確認が必要です。

サックスの練習をカラオケボックスで行うことのメリット

・防音設備があるので、安心して音を出すことが出来ます。
・エアコンも完備しているので、夏でも冬でも快適な温度で練習ができます。
・店舗や曜日、時間帯に最寄りますが、1時間500円前後で出来るので料金が比較的に安いです。
・室内で飲食ができます。また、疲れたら歌うことも可能です(当たり前ですが)。

サックスの練習をカラオケボックスで行うことのデメリット

・防音設備があると言っても隣の音が聞こえるので気が散る可能性もあります。
・譜面台を持って行く必要があります。
サックスはただでさえ重いので、なるべく荷物は減らしたいですよね。
・料金は比較的安いが、飲食代が高くつく可能性があります。
・サックスの練習より歌っている時間の方が長くなってしまう?


私は、カラオケボックスで練習したこともありますが、譜面台を持って行くのが大変だったり、飲食代がバカにならなかったり、意外とデメリットが多かったので現在ではほとんど利用していません。
また、狭い部屋だと譜面台を置く場所も無かったりするのでやりにくかったです。

サックスの練習場所は公園が良い?無料で出来るからオススメ?

サックスの練習を公園で
サックスの練習場所として無料でできる公園は、カラオケやスタジオ代を節約したいという人にはお勧めです。

サックスの練習を公園で行うことのメリット

何と言っても無料で練習出来るのが最大のメリットです。
しかも広々としていて気持ちが良いです。
芝生があれば疲れたら寝られますし、弁当などを持って行ってピクニック気分を味わうことも可能です。


見学者が来ることもあるので、度胸が付きます。
いずれ発表会に出るようなことがあったら、人前で吹いたことがあるのと無いのとでは全然違いますよ。

サックスの練習を公園で行うことのデメリット

しかし、近所に広い公園があればよいですが、狭い公園ではほぼ禁止と思って良いでしょう。
広い公園でも禁止している場所もありますし、人が多すぎたり、のんびりしたいという人からすれば迷惑なので、安心して吹ける場所を探すのも大変です。


夏は暑いし、虫がたくさんいるので注意が必要です。
冬は寒いのでまともに指が動きません。
風が強いと譜面(譜面台)が飛ばされます。


電源設備がないので、バッテリーを持って行くか、電気を使用するものは使わないか、どちらかの選択になります。
また、それなりに上手くないと恥ずかしいですし、クレームになる場合もあります。

サックスの練習場所|車の中は防音効果があるけど狭くない?

サックスの練習を車で
車の中でサックスの練習をするという人もいます。
セダンだと狭すぎて練習にならないと思います。
ワンボックスカーなど比較的広い車ならストレスなく練習できるかもしれません。

サックスの練習を車の中で行うことのメリット

もちろん、自分の車でしたら無料で練習ができます。
多少の防音効果が期待できます。
公園や海岸、河原などへ練習に行くのにドライブが出来ます。
また、目的の場所で練習ができなかった場合でも車の中で練習ができます。

サックスの練習を車の中で行うことのデメリット

狭いです。
サックスは正しい姿勢で吹かないと良い音も出ませんし、首や肩、腰などを痛めてしまいます。
ふつうに音楽スタジオで練習していても肩は凝るので、車の中での練習はあまりお勧めできません。

サックスの練習場所|音楽スタジオなら一番安心して音を出せます

サックスの練習を音楽スタジオで
音楽スタジオならどんなに大きな音を出しても問題ありません
サックスの練習で使用することはあまりありませんが、アンプやマイクなどの機材も揃っています。
個人で練習するのに、1時間500円~1000円程度で使用できます。

サックスの練習を音楽スタジオで行うことのメリット

何と言っても大きい音で気兼ねなく練習できるのが最大の魅力です。
初心者のうちは、サックスの通常の音量で練習しないと、正しいアンブシュア(口の形など)が見につかない可能性があります。


また、楽器を買ったばかりの時は鳴らす(振動させる)と音が良く響くようになり「良い音だねぇ!」などと褒められるようになります。
振動させるには、出来る限り大きな音を出す必要があります。

サックスの練習を音楽スタジオで行うことのデメリット

ただ、東京ならたくさんありますが、東京以外だと近所に無いかもしれません。
私がサックスを始めた時は、インターネットが充実していなかったので、探すのに苦労しました。
今はスマホで簡単に探せるので便利な世の中になったなあ、とあらためて思いました。
ネットで予約できるスタジオもありますが、大抵は電話で予約します。


また、個人練習の場合は、予約が前日の夜からと言う場合がほとんどです。
バンドでの予約が優先されるので、練習したい時間に空いていない可能性もあります。
私も音楽スタジオで練習しています。


やはり気兼ねなく練習できるのがいいですよね。
サックスは重いのでバイクに乗るのですが、私が使用しているスタジオは、バイクも無料で置けるので大変重宝しています。

サックスの練習場所|音楽教室のスタジオもレンタルできるの?

ヤマハや山野楽器など大手の音楽教室では、空いている部屋を貸してくれる制度もあります。
生徒以外でもレンタルできますが、予約は生徒が優先されます。
料金も生徒の方が安く設定されています。
土日はレッスンなどでほとんど空いていない場合が多いです。

サックスの練習場所|公民館などの公共施設も利用できるの?

サックスの練習を公民館で 公民館や文化会館などの公共施設を利用することもできます。
利用方法は地域によって違うので、各地域の役所などにお問い合わせください。


広い部屋が使えるので、一人で練習するよりもビッグバンドなど複数人で利用した方が良いです。
抽選のところもあるので、土日は使えない可能性もあります。

サックスの練習場所|防音室や消音器を使用すれば自宅でも出来る?

自宅で練習するのに防音室や消音器を使用する方法もあります。

ヤマハの音レントで防音室がレンタルできます

月額で10,000~20,000円ほどでレンタルできます。
返却時に解体費用が掛かりますが、販売金額と同じ料金のレンタルをした場合は、購入することも可能です。


エアコンの取り付けも可能ですが、いろいろと条件があります。
詳しくはこちら→音レントをご覧ください。

e-saxという消音器を使えば音が小さくなります

それなりに音が小さくなる消音器です。
感じ方は、人それぞれなので不快に感じる方もいるかもしれません。
購入者のレビューを見ても消音効果も人それぞれですね。


重いですし、首や肩が凝るかもしれません。
また、夏は暑くて蒸れるようです。
値段も5万円前後するので、あまりお勧めできません。

自宅を演奏可能物件にする

マンション
楽器OKのマンションは、沢山あります
特に、音楽関係の学校の近くであれば、沢山あります。
通常のマンションの1割増し程度の家賃が一般的な相場でしょう。


ただ、音楽関係の学生が優先される可能性もあります。
また、案外他人の音が気になるかもしれません。
夜9時までとか、マンションによって制限もあります。

音を出さない練習方法もありますよ

音を出さずに、運指(指使い)だけ練習するのも効果的です
私も初心者の時には平日は家で指使いの練習をして、土日に音楽スタジオで音を出す練習をしていました。
指使いの練習をするだけでもだいぶ違いますよ。

サックスの練習場所まとめ

挙げてみるといろいろありますが、どれもメリットやデメリットがあってかえって選ぶのが大変になってしまったかも?

 
レッスンを受けるにしても独学でやるにしても練習は大切です。
自分に合った練習場所を早く見つけてストレスなく練習することが上達への近道となります。

タイトルとURLをコピーしました