サックスマウスピースの選び方|初心者におすすめのマウスピースとは?

サックスのマウスピース

マウスピースは、いろいろなメーカーからいろいろな種類のものが発売されていて選ぶのに迷いますよね。
何年も吹いているベテランでさえも本当に自分に合っているマウスピースを使用しているのかどうか疑わしいものです。
また、プロの演奏家も複数のマウスピースを所持していますが、「この音が出したいからこのマウスピースを使う」など、曲やジャンル(スタンダード系、ラテン系、バラード系など)によって変えることもあります。

このページでは、主に初心者がどんなマウスピースを選んだらよいのか、選び方やお勧めのマウスピースの紹介などを書いています。

サックスのマウスピースを初心者が選ぶ時に気を付けることとは?

リードの選び方のページでも書きましたが、サックスの音色を決める最も重要な箇所は自分の口に近いところです。
リードの選び方も重要ですが、マウスピースの選び方も重要です。
マウスピースは、安いものであれば4~5千円程度で買えますが、初心者におすすめのものは、1万円~3万円程度のものです。
中には、10万円以上するものもあります。

マウスピースは、それぞれ音色に特色があって、出来れば複数所持して曲によって変えるのが理想です。
しかし初心者のうちは、自分に合っているマウスピースが見つかるまでは、1万円~3万円程度のものを使用するのが無難です。
初心者だから安いものを使用した方が良いというより、自分に合ったものが見つかるまで1万円~3万円程度のものを使用するのです。


では、次からは具体的にどのようなことに注意してマウスピースを選んだらよいのか?説明します。

 

サックスのマウスピースは、吹きやすいものを選ぶ

基本中の基本です。
特に初心者は、アンブシュアや腹式呼吸が安定するまでは吹きやすいマウスピースを選ぶべきです。
好きなサックスプレーヤーが使っているからと言っても、基本的な技術が身についていない状態では、自分に合っていない(吹きにくい)可能性もあります。
好きな音(出したい音)を追究するのは素晴らしいのですが、まずは基本が出来るようになってからでも遅くありません。
無理に音を出して変なクセが付かないようにするためにも吹きやすいマウスピースを使いましょう。

サックスのマウスピースは、サックスの種類(大きさ)によって選ぶ

サックスの種類は、主に以下の4つがあります。

・ソプラノ
・アルト
・テナー
・バリトン

サックスの種類によってマウスピースも変える必要があります。
選ぶというより変える必要があるというわけです。

サックスのマウスピースは、材質によって選ぶ

サックスのマウスピースは、一般的には以下の3つの材質に分かれます。

・プラスチック
・ハードラバー(エボナイト)
・メタル(金属)


それぞれの特徴を簡単に説明します。

 

プラスチックの特徴

ヤマハの4Cなど安価で手に入れることが出来るマウスピースです。

フェノール樹脂(フェノールとホルムアルデヒドを原料とし、人工的に合成されたプラスチックである)を使用しているため?大量に生産できます。
大量生産可能なので、安くできるのが特徴です。
付属品としてサックス本体を買うと一緒に付いてくることもあります。


あくまでも練習用のマウスピースです。

 

ハードラバー(エボナイト)の特徴

エボナイトは、硬質ゴムとプラスチックを混合させて作っています。
1万円~3万円程度の値段で売られています。
比較的安い割に品質が安定しているので、一般的に使われています。


メタル(金属)製に比べて癖がなく吹きやすいのが特徴です。

 

メタルは、真鍮、ステンレス製、アルミ

メタル(金属)の特徴

合金など、様々な金属が使われています。
値段が2万円以上のものがほとんどで、10万円以上するマウスピースも多いです。
主にジャズで使用されます。


他のサイトを見てみると、「硬めのサウンドが特徴」と書いている記事が多いですが、実際には、「硬めのサウンド」になるよう設計されているだけで、「メタル=硬め」ではありません。
本来の音色は「太くまろやかな音」です。


また、ネックとの接合部分の大きさ(直径)が違うものもあり、ネックに取り付けられない可能性もあります。
緩い(直径が大きい)場合は、ネックのコルクを巻き替えたり、応急処置的に紙などを巻いたりできますが、きつい(直径が小さい)場合には取り付けられないので、注意が必要です。
通常は、店舗にて試奏するので問題ないかと思いますが、ネットで購入するのは控えた方が良いです。

 

サックスのマウスピースは、ティップオープニングで選ぶ

「ティップオープニング」という専門用語が出てきたので、マウスピースに関しての各部名称を解説します(ティップオープニング以外も)。

ティップオープニング

ティップオープニングとは、「開き」と同じ意味です。
リードの先端とマウスピースの先端の距離(隙間)で、息が入る部分です。
「5番」とか「6番」などの番号が割り振られていますが、実際の開き(隙間の距離)がメーカーごとに違うので要注意です。


ティップオープニングが広いマウスピースは、大きい音や太い音を出すことが出来ますが、息をたくさん入れる必要がありますし、音程も不安定になりやすいです。
一方、ティップオープニングが狭いマウスピースは、少ない息で効率的に音を出すことが可能で、音程も安定しています。
しかし、音量が小さくなってしまうのが欠点です。

 

フェイシング

フェイシングは、マウスピースの先端からマウスピースとリードが接する点までの奥行き(息が入る奥行き)のことです。
フェイシングが短いとリードが小刻みに揺れる(振動する)ので、クリアな音がします。
コントロールしやすく、初心者向きと言えるでしょう。
また、フェイシングが長いとリードが大きく揺れる(振動する)ので、太くて丸みのある音が出ます。

 

チェンバー

マウスピース内部の容量(空間)を指します。
最初に音が共鳴する部分でもあります。


チェンバーの大きさによって音色が変わります。

チェンバーが大きいとダークで太い音が出ます。
チェンバーが大きい状態をラージ・チェンバーといいます。


チェンバーが小さいと明るく華やかな音がします。
チェンバーが小さい状態をスモール・チェンバーといいます。

 

バッフル

マウスピースの先端(ティップオープニング)からチェンバーまで。
天井の厚みのことです。
厚さによって音色が変わります。


バッフル(天井)が厚いと明るくて力強い音が出ます。
バッフルが厚い状態を「ハイバッフル」と言います。
ハイバッフルは、息の通る道が細くなるため息のスピードが速くなります。
よって音色が明るくなるのです。
主にロックやフュージョン系などで使用されます。


バッフル(天井)が薄いとやわらかくてダークな音が出ます。
バッフルが薄い状態を「ローバッフル」と言います。
ローバッフルは、逆に息のスピードが遅くなります。
よってダークな音色になるのです。
主にクラシックや吹奏楽などで使用されます。


ここで、バッフルとチェンバーの関係性について説明します。

図を見てもらえば分かると思いますが、バッフル(天井)が厚くなるとチェンバーが小さくなります。
これを「ハイバッフル/スモール・チェンバー」と言います。

一方、バッフル(天井)が薄くなるとチェンバーが大きくなります。
これを「ローバッフル/ラージ・チェンバー」と言います。


音色に関しては、先ほど説明しました。
「ハイバッフル/スモール・チェンバー」は、息のスピードが速くなり、明るい音色になります。
「ローバッフル/ラージ・チェンバー」は、息のスピードが遅くなり、ダークな音色になります。

ウィンドウ

リードの窓の部分(マウスピースとリードが接していない部分)を指します。
窓が大きいと音の抜けが良く、小さいと音色がまとまりやすくなっています。

 

サックス初心者が選ぶべきおすすめのマウスピースとは?

ようやく本題に入った感がありますが、初心者におすすめのマウスピースを紹介します。
サックス初心者は、多くの人が使っている(または多くの人がおすすめしている)マウスピースを使うのが良いです。


他のサイトでも紹介していますが、当サイトでも以下の2つを紹介します。

セルマー S90

初心者におすすめするのには理由があって、まずは吹きやすいかどうかが重要です。
セルマー S90は、立ち上がりが良く、音が柔らかいのが特徴です。
やわらかい音は、周りの音にフィットしていて、吹奏楽などで使用されています。


セルマーには、S80というマウスピースもあります。
こちらも人気がありますが、S90の方が音の立ち上がりが早いため、初心者にはS90をおすすめします。

バンドレン オプティマム(Optimum) AL3

バンドレンは、サックスのリードの製造もしているメーカーなので、リードとの相性も抜群です。
特に、リードの選び方でおすすめした「青箱」との相性が良く、形状もぴったりフィットしています。
クラシック用に作られたマウスピースなので、吹奏楽で良く使用されています。

バンドレンのマウスピースも音の立ち上がりが早いので初心者におすすめです。

 

番外編?私が使用しているヤナギサワ メタル ♯6

セルマーとバンドレンのマウスピースは主にクラシックで使用するものです。
ジャズ用のマウスピースは初心者には向かない(吹きにくい)ので、ジャズ用でも吹きやすい物を紹介します。

ヤナギサワのメタルは、初心者でも吹きやすいのでどうしてもメタルを使いたいという人は、おすすめです。
他のメーカーのメタルに比べてコントロールもしやすいです。


楽天やアマゾンなどネットでも購入できますが、やはり実店舗で実際に吹いてみてからの方が良いでしょう。
特に初心者の方は、店舗のスタッフに「ネットで〇〇というマウスピースを紹介していたけど、どうしたら良いですか?」
など、相談すれば丁寧に教えてくれますよ。

また、「○○(有名なプレーヤー)のような音を出したい」と相談しても良いでしょう。
ただ、有名なプレーヤーは、マウスピースを自分用にカスタマイズしている可能性があるため、自分に合ったマウスピースかどうか(値段も含めて)疑問です。

 

サックスのマウスピースは、付属品を使用しない方が良い?

サックス本体を購入するとマウスピースが付いてくる場合がありますが、付属のマウスピースは使用しても問題ないのでしょうか?
基本的には、初心者でも吹きやすいマウスピースが付属される場合がほとんどです。
また、コストを下げるために悪い言い方をすれば「安物」である可能性が高いです。


ただ、付属のマウスピースは先ほども書きましたが、初心者でも吹きやすいものが多いので、問題ないと感じる人も多いでしょう。
しかし、軽い(ペラペラな)音しか出ない印象があります。
最初のうちは付属のマウスピースでも問題ありませんが、やはり上記でオススメした「セルマー S90」や「バンドレン オプティマム(Optimum) AL3」になるべく早く変更しましょう。

 

サックスマウスピースの選び方【まとめ】

サックスのマウスピースは、本当に選ぶのが大変です。
初心者のうちは、どんな音を出したいかも大切ですが、まずは「セルマー S90」や「バンドレン オプティマム(Optimum) AL3」など定番のものがおすすめです。
音の立ち上がりが良く、コントロールのしやすいマウスピースだからです。
マウスピースが違うことによってどのくらい音が違うのか、が分かるようになってからジャズ用のメタルなどを選ぶようにした方が良いです。
メタルではオットーリンクが定番ですが、私はヤナギサワを使っています。
選ぶ時は、やはり実際に吹いてからにしましょう。
店舗のスタッフにもいろいろ相談できますから。

タイトルとURLをコピーしました