サックスの組み立て方|お手入れ方法なども動画で詳しく解説!

サックス

このページでは、サックスの組み立て方について説明します。


組み立て方については、文章で説明するより動画で実際に見て頂いた方が分かりやすいです。
紹介する動画は、石橋楽器店が作成した【石橋楽器店】Mavisテナーサックスの組立て方とお手入という動画です。


Mavis(メイビス)という石橋楽器オリジナルのブランドを使用して説明していますが、どのメーカーの楽器でもほぼ同じです。

サックスの組み立て方の動画|置き方や手入れ方法なども説明

では、実際に動画を見てみましょう。

いかがでしょうか?
分かりにくかったら問い合わせから問い合わせてください。

動画を見ていただいて分かったと思いますが、サックスはいくつかのパーツに分かれています。
サックスを吹くときには、これらいくつかのパーツを組み立ててから使用します。
具体的なパーツを簡単に説明すると
・リード
・マウスピース
・リガチャー
・ネック
・本体
に分かれています。


基本的には動画で説明されている順番に組み立てていきます。
慣れていないと楽器を壊してしまう可能性があるので、正しい方法でで組み立てるようにしましょう。

動画について少し補足します。

0:50頃

コルクグリスを塗ると説明しています。
サックスを購入したばかりの時は、コルクが厚めになっている場合がほとんどです。
コルクグリスは必需品です。


使用しているうちにコルクが薄くなってきます。
その時はコルクグリスは必要なくなります。


ただ、使っているうちにコルクはどんどん薄くなってネックがむき出しになってしまうので、楽器店でコルクを付け替えてもらいましょう。
コルクが薄くなりすぎるとマウスピースがぐらぐらしてすぐに動いてしまうので、応急処置として紙を巻いて調整することもあります。
ただ、あくまでも応急処置なので、早めにコルクをつけ替えるようにしましょう。

1:20頃

マウスピースをネックに取り付けますが、動画では5ミリから1センチくらいコルクが見える位置と言っています。
この位置は、後でチューニング(音の高低を調節する)の時に少し動かします。
チューニング後にボールペンなどで線を引いておくと再度取り付けるときに便利です。

2:30頃

マウスピースとリードの先端の高さについて。
動画では、同じ高さにしてくださいと説明しています。
私が始めたころは、髪の毛1本分くらいリードを下にする(動画ではマウスピースの黒い部分が見える)ようにと教えられました。


サックスの吹き方初級編|マウスピースのくわえ方や音の出し方など
のページで詳しく説明しています。

3:10頃

リガチャーのねじについて。
動画では、ねじの締め方について特に解説していませんでしたが、あまりきつく締めすぎるとねじが壊れてしまったりリードが割れてしまったりするので注意しましょう。


また、ねじが手前ではなく反対側についているリガチャーもあります。
初心者の場合は、ほとんど動画のように手前にねじが付いているものを使用するので問題ありませんが、後々反対側についているものを使用するときもあるかもしれません。
まあ、特に閉め方については違いはありませんが、反対側だと良く見えないので、手間取るかもしれませんね。

4:30頃

サックスの置き方について簡単に説明しています。
置き方を間違えると壊れます!
絶対に間違えないようにしましょう!

サックスの置き方については、サックスの持ち方や置き方、構え方はどうしたら良いの?|サックス基礎のページでも詳しく説明しています。

5:40以降

サックスの分解の方法についてや手入れの方法についての説明です。
分解と言っても最初に説明した5つのパーツ(リード、マウスピース、リガチャー、ネック、本体)に分解するだけです。


まあ、少し汚い話ですが、管楽器は唾液が大量に付くので手入れは大切です。
楽器を長く使用するためには、正しい手入れ方法を行いましょう。

アルトサックスやソプラノサックスの組み立て方の解説動画もあります

今までの動画は、テナーサックスを使用して説明していますが、アルトサックスの動画もあります。
ただ、組み立て方や手入れ方法などはアルトサックスとテナーサックスではほとんど同じです。
「私はアルトサックスしか吹かない」という人は以下のアルトサックスの動画をご覧ください。

また、ソプラノサックスの動画もあります。
ソプラノサックスは、ネックの形状がアルトサックスやテナーサックスと少し違うので、組み立て方も若干違ってきます。
ただ、基本的には同じです。

ちなみに、バリトンサックスの動画はありませんでした。
まあ、初心者でいきなりバリトンサックスを吹くという人はいないと思うので、割愛させていただきます。
中学や高校の吹奏楽ではいきなり「吹かされる」こともありますが、先生に説明してもらえるはずです。

サックスの組み立て方や手入れ方法のまとめ

サックスの組み立て方は、初心者であれば購入時に楽器店で説明があります。
また、レッスンを受けている人であれば、先生から説明があります。


レッスンを受けている場合は、分からなければ質問できますが、一人で練習するときや独学の場合は自分で組み立てなければなりません。


正しい音を出すため、またはサックスを長持ちさせるためには正しい組み立て方をしないといけません。
もし分からなければ問い合わせから問い合わせてください。

タイトルとURLをコピーしました