サックスは腹式呼吸が基本って本当?良い音を出すための呼吸法とは?

サックスの呼吸法

サックスの吹き方で気をつけなければならないのが呼吸法です。


サックスは簡単に音が出るというメリットがある反面、正しい呼吸法で音を出さないと汚い音しか出ないというデメリットもあります。
サックスの動画を見てもプロの人の音と素人の音は明らかに違います。
(余談ですが、ユーチューバーが「ネタ」でサックスを吹いている動画がありますが、サックスを本気でやろうとしている人は聞かない方が良いですよ。)


しかし、呼吸法と聞くと難しいとイメージしてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
このページでは、サックスで大切な呼吸法について、初心者の方でも理解できるように解説していきます。

腹式呼吸がサックスを吹くのに大切な理由を分かりやすく説明します

サックスを演奏するにあたって、指の動かし方以外に大切なものは?と聞かれたら、ほとんどの人が呼吸法(腹式呼吸)と答えるでしょう。
サックスは、リードに息を吹きかけ振動させて音を出すのが基本的な仕組みです。
リードの振動数や振動させる勢いによって音色が変わります。
なので、リードに息を吹きかける正しい方法をマスターすれば、良い音を出すことが出来るのです。

良い音を出すためには正しい呼吸法が必要!

サックスは簡単に音が出るため、ついつい、基本的でしかも大切な呼吸法をおろそかにしてしまう傾向にあります。
特にレッスンなどでは、基本的な事ばかりやっているとすぐに飽きて、辞められてしまうため、ある程度音が出るようになったら演奏したい曲の練習をするのが一般的です。

ですが、「カッコ良く」吹くためには、やはり音が良くなければなりません

サックス演奏

サックスの音を良くするためには、正しい呼吸法で息を出し、リードを振動させなければなりません。
サックスはリード楽器なのですから当たり前の話しですよね。

では、正しい呼吸法で息を出すとはどのようにすれば良いのでしょうか?
サックス以外でも歌う時やスポーツなどでも呼吸法の基本と言われているのが腹式呼吸です。
サックスのレッスンを始めたばかりの時は(というか20年以上やっている人でも)呪文のように「腹式呼吸を意識しなさい」と言われます。

息継ぎ(ブレス)でたくさん息を吸うためには腹式呼吸が必要!

サックスなど管楽器は、息を吹いて空気を振動させる必要があります。
サックスではリードを振動させることによって空気を振動させます。
演奏している時は、常に息を出し続けるわけにはいかないので、曲のどこかで息を吸わなければなりません。
と言っても息を吸うところは少ないので、一度にたくさん吸わなければならないのです。
このときに、腹式呼吸か胸式呼吸かで息の吸う量が変わってきます。

胸式呼吸は吸う量が少ない

胸式呼吸

胸式呼吸は普段行っている呼吸法で、肺が横と上に広がります。
胸が大きく膨らんだり肩が上がったりしている状態です。
一般的に広がる幅が狭いので、一度に吸える息の量は少なくなります。

また、肩や首、胸などの筋肉を使うため余計な力が入ってしまい、息の通りが悪くなってしまいます。
さらに良くないことに、胸式呼吸は肺が上に広がるため、喉を締め付けてしまいます。
喉が締め付けられると、息の通りが悪くなるだけではなく、声帯を痛めてしまうのです。
声帯を痛めてしまうと元に戻らないと言われているので、胸式呼吸はやってはいけません。

腹式呼吸は吸う量が多い

腹式呼吸

一方、腹式呼吸は肺の下にある横隔膜を下げるため肺が下に伸び、多くの空気を入れることが出来ます。
お腹が膨らむためお腹に空気が入ると思われがちですが、横隔膜が下がり内臓が押し出されるのでお腹が膨らむのです。

腹式呼吸が大切な理由まとめ

説明が長くなってしまったので、ここまでをまとめます。

・サックスの吹き方で大切なのは、腹式呼吸である。
・なぜ腹式呼吸が大切なのかと言うと、サックスは一度にたくさんの息を吸わなければならないからである。
・たくさんの息を吸うためには、腹式呼吸が必要である。

では、次は腹式呼吸のやり方について説明します。

腹式呼吸のやり方を解説!寝ながらマスターできるって本当?

腹式呼吸

腹式呼吸の大切さは理解できたと思いますので、腹式呼吸のやり方について説明します。
腹式呼吸の感覚を理解するには、寝ながらの方が分かりやすいと思います。

なぜかと言うと、人間は寝ている時が一番リラックスしているからです。
リラックスしている状態が腹式呼吸を行うのに適しているのです。

では、具体的に腹式呼吸のやり方(マスターの仕方)を説明します。

腹式呼吸は丹田を意識する

丹田

腹式呼吸の感覚を理解するために寝ながら呼吸すると分かりやすいと書きましたが、その前に「丹田」について少し説明します。

座禅などを行う人は丹田を意識するようにと言われているかもしれません。
普段生活しているうえでほとんど意識しない箇所ですが、腹式呼吸を行うときには必ず意識するようにしましょう。

丹田の位置はへそから指3~4本分下あたりにあります。
(上のイラストでは、指先のあたり)

と言っても表面ではなく、身体の中心部分です。
ただ、身体の中心部分を意識するのは難しいので、表面部分でも構いません。
息を吐くとき(サックスを吹くとき)は、丹田から空気が出ていくイメージをしてください。
通常、息を吐くときはお腹がへこみますが、逆にお腹を突き出すようなイメージでサックスを吹いてください。
息を吸うときは、丹田から空気を吸い込み、丹田が膨らむようなイメージをしてください。

寝ながら腹式呼吸の感覚をつかむ

腹式呼吸は丹田を意識して息を吸ったり出したりしていくのですが、いきなりマスターするのは難しいです。
そこで、仰向けに寝ながら呼吸をすると無意識の状態で腹式呼吸が出来るので、まずはやってみましょう。

腹式呼吸を寝ながら

寝ている状態は、リラックスしている状態と同じです。
リラックスしている状態とは、身体に余計な力が入っていない状態と同じです。
腹式呼吸において一番大切なことはリラックスです。
なので、サックスを吹くときにもリラックスが一番大切なんです。


仰向けに寝ている状態で息をすると、無意識で腹式呼吸をしています。
丹田の上に手を当てると、お腹が上下(膨らんだりへこんだり)しているのが分かると思います。
もう少し具体的に説明すると、息を吐くときは丹田を意識しながらすべての空気を吐き出すようにします。


息を吸うときには、無意識の状態でも丹田が膨らみます。


常にリラックスしている状態を保つことが重要です。
余計なところに力が入らないようにしましょう。

身体を起こして腹式呼吸をやってみる

腹式呼吸(座った状態で)

体を起こして腹式呼吸の感覚をつかみましょう。
座っていても立っていても構いません。
本来は、腰や背中に手を当てて腰や背中が膨らむかチェックするのですが、いきなりは難しいので、脇腹に手を当てます。
腹式呼吸は、丹田を中心にして脇腹や腰、あるいは背中が膨らむのが正解です。
ただ、腰や背中が膨らむようになるまでには時間がかかります。
脇腹が膨らむのは簡単なので、やってみましょう。


一番最初に息を吐きます。
この時点では、息を吸うための準備なので、丹田を意識しながら吐きます。
寝ている時と同様、すべて吐き出します。


次に息を吸います。
と言っても自然に息を吸い込む感じです。
このとき、脇腹に手を当てて、脇腹が膨らむのを意識しましょう。
丹田を意識していれば、自然と脇腹も膨らみます。
脇腹が膨らんだかなと感じたら、息を吐くまで下腹を支えた状態にしておきます。
下腹を支えるとは、丹田から前方斜め下に突き出すようなイメージです。
男性なら「おしっこ」をするときのイメージと説明すれば分かりやすいのですが。。。


次に息を吐きます。
今回は(これからは)、実際にサックスを吹くイメージで息を吐きます。
マウスピースをくわえているように口をすぼめます。
丹田を意識しながら(下腹を支えながら)息を吐きます。
このとき、息の圧力を一定に保ちながら息を吐きます。
手に息を吹きかけながらやると息の圧力が分かります。
また、お腹は息を出す量に比例して凹んでいきます。

サックスの腹式呼吸練習法|サックスを吹きながら腹式呼吸をやってみる

サックス腹式呼吸

では、実際にサックスを吹きながら腹式呼吸を理解していきましょう。

サックスの構え方マウスピースのくわえ方(アンブシュア)に注意しながら音を出します。
多少音が汚くても、サックスの正しい構え方、正しいマウスピースのくわえ方(アンブシュア)、そして正しい呼吸法(腹式呼吸)を意識して練習すれば徐々に良くなっていきます。
サックスを吹きながら腹式呼吸をやるのですが、実際に音を出すので、ロングトーンの練習と同じようなものです。
ただし、このページでは正しい呼吸法を意識しながら音を出すのを前提に説明します。

息を吐ききる

まずは、マウスピースを軽くくわえながら腹式呼吸の練習と同様、すべての息を吐ききってください。

脇腹を膨らますように息を吸う

サックスを持っていますから脇腹に手を当てることはできませんが、脇腹が膨らんでいるか意識しながら息を吸ってください。
本来なら短い時間で出来る限りたくさん吸って欲しいのですが、最初は難しいので、ゆっくりと息を吸ってください。
最終的には、なるべく早く大量に吸えるようにします。
脇腹が膨らんだら下腹を支えるようなイメージで息を吐く準備をします。

息の圧力を一定に保ちながら息を吐く(音を出す)

最初なので、音が出ない(または変な音が出る)可能性もあります。
音に関してはあまり気にせず、息の圧力を意識しながら音を出します。
もちろん、息を吐くタイミングとお腹が凹むタイミングは同じでなければなりません。

良い音を出すための呼吸法(腹式呼吸)まとめ

文章が長くなりすぎて支離滅裂になってしまったかもしれません。
分からなければお問い合わせから問い合わせてください。

呼吸法については、あまり面白くない練習法ではありますが、とても大切です。
できればプロの先生に手取り足取り教えてもらった方が良いです。
お腹の膨らみ具合や息の吐き方など、間近でチェックしてもらった方が上達が早いです。

タイトルとURLをコピーしました